やっぱり邦画好き…が見た異国映画の感想や気になる新作映画の情報など…

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * pookmark

『 パフューム ある人殺しの物語 』

映画 『 パフューム ある人殺しの物語 』

[試写会鑑賞] 

ドイツ/フランス/スペイン:2007年3月3日公開

監督:トム・ティクヴァ
脚本:トム・ティクヴァ アンドリュー・バーキン ベルント・アイヒンガー
原作:パトリック・ジュースキント 『香水 ある人殺しの物語』
出演:ベン・ウィショー
ダスティン・ホフマン アラン・リックマン レイチェル・ハード=ウッド
アンドレス・エレーラ サイモン・チャンドラー デヴィッド・コールダー



香水―ある人殺しの物語
香水―ある人殺しの物語
パトリック ジュースキント




その香りに、世界はひれ伏す。


ある人殺しの物語


(概要)
舞台は18世紀パリ。悪臭立ちこめる魚市場で一人の子供が産み捨てられる。
名をジャン=バティスト・グルヌイユ。親の愛すら知らぬ彼に神が唯一与えたもの、
それは、あらゆるものを嗅ぎ分ける驚異的な臭覚だった。一切の体臭を持たない
特異な体質と、その臭覚による奇行から、周囲に疎まれ続けるグルヌイユ。
ある街で偶然出会った女の芳しい体臭に取り憑かれた彼は、その香りを手に
入れるために調香師に弟子入りし、日々香水造りに没頭してゆく。
非凡な才能から生み出される数々の香水は、瞬く間に人々を魅了するが、それは
彼の求める香りではなかった。
やがてパリを震撼させる連続殺人が発生する。被害者はすべて若く美しい娘で、
髪を刈り落とされた全裸死体で発見される・・・
犯罪史上最も純粋な動機が彼を狂気へと駆り立て、そして物語は、かつて誰も
目にしたことのない驚愕の結末へと向かってゆく。
(チラシより)




 1クリックご協力いただけたらうれしいです♪









続きを読む >>
cinemaikoku * ドイツ映画 * 22:58 * comments(6) * trackbacks(3) * pookmark
このページの先頭へ