やっぱり邦画好き…が見た異国映画の感想や気になる新作映画の情報など…

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * pookmark

『リトル・ランナー』

2004年

カナダ

公開日:2006/03/04

劇場鑑賞06/03/05
       
  リトル・ランナー
  監 督 マイケル・マッゴーワン
  脚 本 マイケル・マッゴーワン
  原 作
  キャスト アダム・ブッチャー
キャンベル・スコット
ゴードン・ピンセント
ジェニファー・ティリー
タマラ・ホープ
ショーナ・マクドナルド

【STORY】

奇跡なんて、
起こしてみせる!

優勝すればママは目覚める

1953年、カナダのハミルトン。カトリック学校に通う14歳のラルフは タバコや異性に好奇心を燃やす、校則破りの常連だ。
そんな彼の唯一の肉親で理解者である母親が入院中に昏睡状態に。
「お母さんは奇跡でも起きない限り目覚めない」、辛い真実を伝えられるラルフ。
しかし、元ボストンマラソンの覇者、ヒバート神父が 「君たちがボストンマラソンで優勝したら奇跡だ」 という言葉から、優勝という奇跡の実現を決意。
ばかげた発想に彼を嘲笑する友人達や出場したら退学と宣告する校長に目もくれず、 ひたすらに走り始めた。そんな彼をヒバート神父がコーチとしてサポート、 好意を抱いていた同級生のクレアの応援もあり、 いよいよボストンマラソン当日を迎えるが...。
(gooより)
 
【感 想】


思春期の大人になりたがる少年の背伸びしたい気持ちが表現されていました。そして亡き父の制服を羽織り大人ぶる姿は、父への子供心の想いと大人への変身が同居する複雑な心境を抱き、入院している母の病気の不安、そして一人暮らしの寂さなどラルフ少年が一人で家に佇んでいるシーンはなんとも切ないです。マラソンのラストシーンはやはり応援したくなります。
ただ物語全体としては、とてもキリスト教の色が強く、無宗教の私には受け入れがたかったですね。それからちょっと感動の期待をして観に行ったのですが、お涙頂戴というより、小笑い頂戴の方が強かったです。ラルフの学校生活、ボストンマラソンへの挑戦、クレアへの恋心などどれも、そこそこって感じで、決して悪くはないのですが、もう少し深く入り込めるシーンがあったらよかったかなとも思いました。



 1クリック協力いただけたらうれしいです♪



cinemaikoku * カナダ映画 * 00:32 * comments(8) * trackbacks(14) * pookmark
このページの先頭へ