やっぱり邦画好き…が見た異国映画の感想や気になる新作映画の情報など…

<< 『サウンド・オブ・サンダー』 | main | 『連理の枝』 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * pookmark

『リトル・イタリーの恋』

2003年

オーストラリア
イギリス

公開日:2006/03/25

劇場鑑賞06/03/25
       
 

リトル・イタリーの恋

  監 督 ジャン・サルディ
  脚 本 ジャン・サルディ
  原 作
  キャスト ジョヴァンニ・リビシ
アメリア・ワーナー
アダム・ガルシア
シルヴィア・ドゥ・サンティス
バリー・オットー
ジョー・ペトルッツィ
エレノア・ブロン

【STORY】

本当に好きな人と結ばれたい

1950年代、南イタリアの貧しい村で暮らすロゼッタのもとに、ある日オーストラリアのリトル・イタリーに住む青年アンジェロから求婚の手紙が届く。同封されていた彼の写真に一目惚れしたロゼッタは、期待に胸を膨らませてオーストラリアへ向かうが、出迎えた青年は写真とは別人の男性だった。実は写真の青年は、アンジェロの弟ジーノで、容姿に自信のないアンジェロが写真をすり替えたのだ。果たしてロゼッタの恋の行方は……?
(gooより)
 
【感 想】


「きみ読む物語」の脚本・ジャン・サルディの監督作品で、漂ってくる雰囲気は似ていて、とても可愛くて素敵な映画でした。
ロゼッタとジーノのラブストーリーなのですが、兄弟愛、そしてジーノとコニーは真実の愛なのか?などがメインで描かれていると思います。
1950年代のリトル・イタリーの街、色合い、空気、いろんなアイテムなど、どれをとっても私の好みで素敵でした。そしてなんといっても今にも漂ってきそうなエスプレッソ・コーヒーが決め手(笑) 私は喫茶店ではエスプレッソを飲むことが多くて、もうこれだけでも満足してしまいました。
通信手段が手紙。そして手紙だけで相手のことを愛してしまうロゼッタがとても可愛く思える、そしてプチコミカルでクスって笑える、微笑ましい、とても好きな映画です。



 1クリック協力いただけたらうれしいです♪

【参 考】
cinemaikoku * オーストラリア映画 * 20:52 * comments(2) * trackbacks(1) * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 20:52 * - * - * pookmark

コメント

あたしもこの映画気になってるんですよぉ〜。
ただエスプレッソは苦くってあんまり飲まないんですよねぇ。
もういい年なのでそろそろカフェラテとかは卒業して
エスプレッソをかっこよく飲みたいんですけどねぇ〜♪
微笑ましい感じなら安心して観れそうですね♪
Comment by miyu @ 2006/03/25 10:05 PM
こんにちわ、はじめまして。
僕も観てきました。

脚本的には若干浅いな感じもしましたが、それ故に深く考えずに楽しめる、可愛くて暖かくて、絵が綺麗で好感もてる作品でしたね。
Comment by bally @ 2006/03/30 4:18 PM
コメントする









トラックバック

リトル・イタリーの恋 / Love's Brother

映画「リトル・イタリーの恋」を鑑賞した。 元々、ラヴコメとか純愛モノみたいなのを好んで観る方ではなかったのだが、ここのところ気になっていた女優"アメリア・ワーナー"が、   

From Funky Sensation @ 2006/03/30 4:19 PM
このページの先頭へ