やっぱり邦画好き…が見た異国映画の感想や気になる新作映画の情報など…

<< 『 ブラック・ダリア 』 | main | 『 トンマッコルへようこそ 』 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * pookmark

『 クリムト 』

映画 『 クリムト 』  [劇場鑑賞]

公開日:2006年10月28日
オーストリア/フランス/ドイツ/イギリス

監督・脚本:ラウル・ルイス

出演:ジョン・マルコヴィッチ ヴェロニカ・フェレ
サフロン・バロウズ スティーヴン・ディレイン
ニコライ・キンスキー サンドラ・チェッカレッリ
ポール・ヒルトン エルンスト・ストッツナー 
アグライア・シスコヴィッチ




私の自画像はない。自分自身に興味がない。
むしろ他人、特に女性に強く惹かれるのだ。




(ものがたり)
1918年。芸術の都ウィーンの華やぎは、まさに終わりを迎えようとしていた。
そして、絵画に新たな潮流を生み出した天才画家、グスタフ・クリムトもまた、命の灯火を
消そうとしていた。彼を見守るのは愛弟子のエゴン・シーレただ一人。朦朧とした意識の
中、クリムトの目には、栄光と挫折の人生がよみがえる。
まるで寓話に満ちた彼の絵のように・・・・・・。
(チラシより)



 1クリックご協力いただけたらうれしいです♪


【 感 想 】

秋公開の主要な邦画はある程度見てしまっているので、ジョン・マルコヴィッチ主演の
「クリムト」見ました。19世紀のヨーロッパの話ですが、わかりやすく、そして美術品
などビジュアル面も楽しめました。とくにクリムトの命が途絶えようとしている時に、
過去の栄光か、それとも幻想か、あの世なのか、この世なのか、見ている私も幻覚症状に
陥るようなストーリー展開は面白かったです。書記官の存在が面白みを出していました。
幻想、幻覚、現実が絵画のように映像表現されているのと、一味違うカメラワークなど
見ていて飽きませんでした。そしてジョン・マルコヴィッチの演技も見応えがありました。
この手の映画が苦手な方には退屈かもしれませんが、最近の大手配給会社の邦画に、
ちょっと飽き気味だったので、新鮮さを感じれて良かったです。


 1クリック協力いただけたらうれしいです♪



クリムト関連書籍


ジョン・マルコヴィッチ関連DVD


cinemaikoku * フランス映画 * 02:42 * comments(0) * trackbacks(1) * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 02:42 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

劇場『クリムト』

監督&脚本:ラウル・ルイス 出演:ジョン・マルコヴィッチ、ヴェロニカ・フェレ、サフラン・バロウズ、ニコライ・キンスキー、スティーヴン・ディレイン他 死の床につくクリムトと、その弟子と思しき若い男(劇団ひとり似)が、華やかなりし頃を思い起こす・・・みたい

From 映画ダイエット @ 2006/11/14 3:27 PM
このページの先頭へ