やっぱり邦画好き…が見た異国映画の感想や気になる新作映画の情報など…

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * pookmark

ドラゴン・キングダム

映画 『 ドラゴン・キングダム 』

[試写会鑑賞] 

アメリカ:2008年7月26日公開

監督:ロブ・ミンコフ
アクション監督:ユエン・ウーピン
脚本:ジョン・フスコ
出演:ジャッキー・チェン ジェット・リー マイケル・アンガラーノ リー・ビンビン リュウ・イーフェイ






無敵の帝国<キングダム> 呪いを解けるのは奴らだけ−


伝説の「如意棒」をめぐる、未知なるアドベンチャー


(解説・あらすじ)
現代アメリカの青年ジェイソンが、迷いこんだ古代の帝国<キングダム>。呪いを解くカギ「如意棒」を持つ“導かれし者”ジェイソンのもとに集う運命の仲間たち。最強の2人の師匠に鍛えられ、巨大な悪に挑む冒険の旅が始まる!!

本作は「西遊記」など中国のいくつかの伝奇小説をオマージュにしながらも、最新のVFXにより、圧倒的なスケール感と、猛烈なスピード感で描かれる。
酔っ払いの師匠ルー・ヤンを演じるジャッキー・チェンはこの役で30年ぶりの酔拳を復活させ、一方ジェット・リーは「少林寺」を彷彿とさせる旅の僧を演じる。2人のバトルシーンは必見だ。
また魅力的な女優陣や悪役の存在感もアドベンチャー気分をさらに盛り上げる。さらに注目のアクション監督は「キル・ビル」「マトリックス」の巨匠ユエン・ウーピン。奇跡のキャスティングに本物のスタッフ、アクション映画の集大成<ドラゴン・キングダム>への旅がついにその幕を開ける

(チラシより)



映画「ドラゴン・キングダム」感想を表示する

続きを読む >>
cinemaikoku * 米国映画 【タ行】 * 03:51 * - * trackbacks(23) * pookmark
このページの先頭へ