やっぱり邦画好き…が見た異国映画の感想や気になる新作映画の情報など…

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * pookmark

『サウンド・オブ・サンダー』

2004年

アメリカ/ドイツ

公開日:2006/03/25

劇場鑑賞06/03/25
       
 

サウンド・オブ・サンダー

  監 督 ピーター・ハイアムズ
  脚 本 トーマス・ディーン・ドネリー
ジョシュア・オッペンハイマー
グレッグ・ポイリアー
  原 作 レイ・ブラッドベリ
  キャスト エドワード・バーンズ
キャサリン・マコーマック
ベン・キングズレー
ジェミマ・ルーパー

【STORY】

過去を変えた人類に未来はあるのか?

近未来、人類はついにタイムトラベルの技術を手に入れた。シカゴの旅行代理店タイム・サファリ社は高額所得者を対象に、タイムマシンを使った白亜紀恐竜ハンティングツアーを売りにしていた。ある夜、ツアー参加者を招いたパーティーにタイムマシンの開発者ソニア・ランド博士が乱入、ツアーの危険性を指摘する。ツアーの引率者ライヤー博士は彼女から真相を聞きだすが、危惧する事態はほどなく現実のものとなってしまう。
(gooより)
 
【感 想】


これは試写状が他とかぶって行けなかった映画でしたので、是非みなくてはと思い初日に行ってきました。
話としては過去を変えたら時間の波が押し寄せて現在が変わってしまうといった、タイムトラベルの話としてはありきたりの内容でしたが意外と飽きずに楽しめました。タイムトラベルと恐竜狩りをビジネスにしたという点は面白いですね。ただ未来の車がダサくて、衣装も今とあまり変わっていないのには、おもわずニヤケテしまいましたが(^^;
そして雰囲気がスターシップ・トゥルーパーズを思い出させるような感じでなんともいえない複雑な気分で観ていたら、CG、合成などもチョット古い映画を観ている感じがしました。まっ、こういったところはいくらでもつっこみようはあると思いますが、それなりに楽しめた映画でした。



 1クリック協力いただけたらうれしいです♪

【参 考】
cinemaikoku * 米国映画 【サ行】 * 20:29 * comments(4) * trackbacks(11) * pookmark
このページの先頭へ