やっぱり邦画好き…が見た異国映画の感想や気になる新作映画の情報など…

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * pookmark

『コルシカン・ファイル』

2004年

フランス

公開日:2006/03/11

劇場鑑賞06/03/13
       
  コルシカン・ファイル
  監 督 アラン・ベルベリアン
  脚 本 クリスチャン・クラヴィエ
ミシェル・デルガド
  原 作 ルネ・ペティヨン
  キャスト クリスチャン・クラヴィエ
ジャン・レノ
カテリーナ・ムリーノ
ディディエ・フラマン
アルベール・ドゥレ
ピエール・サラスカ
ピド

【STORY】

地中海に浮かぶ島・コルシカ島のマフィアをコントロールするため、フランス政府からマフィアに向けて送金された裏金が謎の男レオーネに盗まれた。彼は警察からも反体制集団からも追われるカリスマテロリストだ。調査依頼を受けた私立探偵ジャック・パルマーは単身コルシカ島へ乗り込むが、よそ者を嫌うコルシカ人気質に苛まれることになる。おまけに捜査は一向に進まない。ついにレオーニを見つけたジャックは…。
(gooより)
 
【感 想】


ジャン・レノ好きの私にとっては、見逃すことの出来ない映画ですので、観てきました。劇場ガラガラに近いです(^^;

この「コルシカン・ファイル」は予告では真面目なアクション映画だと思っていたのですが、コメディアクション映画でした。それもどのギャグもサムイです(笑) でもいいんです。ジャン・レノが出演しているというだけで満足です(^^;コルシカ島の風景も美しいです。
お話は、 クリスチャン・クラヴィエが演じる探偵がジャン・レノ演じるレオーニを探すためコルシシカ島に行くのですが、この島で様々な事件に探偵が巻き込まれて行きます。事件に対してはあまり深く掘り下げていない作りで、探偵のドタバタ劇を中心として描かれていて、そこにコルシカ島の住民の特性を滑稽に絡めています。ハッキリ言って、フランスのおバカ映画で、笑いのツボが同期すれば楽しめます。でも私的にはスベっていましたけどね(^^;
「LEONI」と書いてレオーニ、「I」を取れば「LEON」ですね(^^)
探偵役のクリスチャン・クラヴィエが脚本も担当しています。 



 1クリック協力いただけたらうれしいです♪

【参 考】
cinemaikoku * フランス映画 * 07:39 * comments(2) * trackbacks(2) * pookmark
このページの先頭へ